日本美術会の機関誌「美術運動」は、 最近の美術事情から創作・理論課題など幅広く美術の問題を考えていくユニークな美術雑誌です。

アンデパンダン展は創作者の自由な表現を保証するため審査のない自由出品です。作者同士、鑑賞者と作者の対等な相互批評で切磋琢磨していきます。


最新の記事

原子力サブカルチャー5

村田訓吉むらたくによし
(日本美術会会員)

続きを読む 0 コメント

手島邦夫展を観る 

鯨井 洪  くじらい こう (日本美術会代表)

続きを読む 0 コメント

せんだい21アンデパンダン展

せんだい21アンデパンダン展実行委員会 代表関本欣哉 せきもときんや

続きを読む 0 コメント

第20回記念新潟アンデパンダン展を終えて

星野金司  ほしのきんじ (新潟アンデパンダン展運営委員長)

続きを読む 0 コメント

沖縄を描き続ける女性アーチストの軌跡 宮良瑛子展「いのち」

坪井功次  つぼいこうじ (日本美術会会員・関西美術家平和会議)

続きを読む 0 コメント