原子力サブカルチャー9
エッセイ · 2021/10/05
 先ずサブカルチャーでなく現実に素晴らしい事が起きました。核兵器禁止条約が2020 年10 月24 日にホンジュラスが50 番目の批准を行って戴いた事で2021 年1 月22 日に発効されることが決まった事です。心から感謝し祈りを捧げます。  この美術運動が発行される時期にはもう核兵器禁止条約が発効され、実際に動き始めていることでしょう。少しでも早く、唯一原子力爆弾を兵器として落とされた日本が核兵器禁止条約を批准することを願っています。
DOUBLE FANTASY John&Yoko ダブルファンタジー ジョン アンド ヨーコ
エッセイ · 2021/10/05
「世界一のカップル」リバプールで開かれていた70万人を動員した驚異の「ダブル・ファンタジージョン&ヨーコ展」の東京展開催はアートを通じて世界平和を詠い続けてきた二人の想いが込められています。  戦後まもなく誕生した日本美術会も、誕生以来世界平和と人権を詠い続けています。国際部では海外アーテイスト向けにラブアンドピース展というメールアートも開催しています。

常田健 土蔵のアトリエ美術館
エッセイ · 2021/10/04
常田健は、自ら林檎園を営み中央の画壇に属さず、人に見せるためでも、売るためでもなく黙々と描き続けたという。その痕跡は寝起きしていたアトリエ代わりの土蔵にあった。素描、小品、描きかけのキャンバス、絵の具、パレット、すり切れた筆、バッハの曲の流れるなかで描いていた様子が偲ばれ、時がそこでは止まっていた。
書評◆笹木繁男 『藤田嗣治̶その実像と時代̶』上・下巻 (2019年私家版)
書評 · 2021/10/04
笹木繁男氏(1931年~)は本誌の読者にもほとんど知られていないかもしれない。氏は、市中銀行を退職後35 年余にわたり、一貫して戦中・戦後の日本美術関係を中心に資料の収集・研究を続けてこられた異色の研究者である(現代美術資料センターを設立し主宰)。

書評◆久保田勝巳作品集「地に生きる」(発行:2018年3月 発行者:久保田勝巳)
書評 · 2021/10/03
 これは久保田勝巳さん(1936年~)の文字通り「画業生活60年の集大成」となる作品集である。布張り厚表紙の外装、200ページ余の本体の厚さと重みは、そのままこの作品集の内容の充実ぶりを表している。この作品集そのものが、何事にも手抜きせず全力で粘り強く取り組んできた彼の人となりを物語る「作品」となっている。
アフリカンアートって?
エッセイ · 2021/09/19
 アルジェリアの南にある、紀元前4000年のタッシリナジェールの岸壁画には、仮面を付けた人物の像が描かれている。それは、現在のコートジボアールのウォベかゲレの人々が用いているのと同じようなマスクである。

―コロナパンデミック前夜のインドでの作品発表と制作の日々―ムンバイでの「衝撃の4人展」・アンバラ第2回国際石彫シンポジウム
海外の展覧会 · 2021/09/19
 インドで最も興味深い博物館と呼ばれるチャトラパティ・シバジ・マハラジ・バストゥ・サングラハラヤ(旧プリンス・オブ・ウェールズ博物館)は、1911年英国王の訪問を記念して建てられた。インドサラセン様式の荘厳な建物で、主要なセクションが美術、考古学、自然史の3つに分かれ、インド各地のミニアチュール(細密画)やエレファンタ島の出土品等、その数は膨大。国内はもとより海外からの観光客でチケット売り場はいつもごった返している。
『原爆の図』前史
戦争と美術 · 2021/09/19
新型コロナウイルス感染拡大防止のために、原爆の図丸木美術館で予定されていた私の個展が中止になった。本展において過去の作品をアンソロジーとして編成し、『原爆の図』前史として映像インスタレーションを展示する予定だった。本稿では実現に至らなかった個展を軸に、これまでの私の作品を振り返るが、そもそもなぜ「前史」なのか説明しなければならない。

薗田 猛さんは戦争を挟んで生きた画家(1911年~1962年)
2021/08/29
■民美で知った薗田さん  この画家を知ったのは今から50年ほど前のことであった。日本美術会附属研究所の現在「民美」と呼称を変えた美術研究所の理論講座(毎週金曜)で林 文雄さんの連続講座「日本民主主義美術運動史」という中に薗田 猛の妙義山のデッサンが大きなスライド上映スクリーンに映されて、米軍基地撤去闘争の精神の反映があると評価されていたのを記憶に刻んだことによる。
エッセイ · 2021/08/29
「プラド美術館-驚異のコレクション-」   スペイン、マドリードにあるプラド美術館開館200周年の映画。俳優ジェレミー・アイアンズ(ナビゲーター)、監督・脚本ヴァレリア・パリシ。絵画がたくさん写されるが、なんと言っても歴史を潜り抜けた生き物のような語り口で美術館を語るという業物の美術映画

さらに表示する