最新号紹介

美術運動144  定価:700円

美術運動 No.146
2019年3月1日発行
定価:700円

 

「美術運動」146号 特集企画

特集 SEOUL・「民衆美術」 

ユン・ソクナムとチョ・ジンホ/ソ・ユナ(徐潤雅)

五月の作家、ホン・ソンダム/稲葉真以

書評:古川美佳『韓国の民衆美術』

 

没後30年 鈴木賢二展/木村理恵子

森本仁平 現在、画業研究進行中/大衡彩織

森本仁平を探して みちのく一関へゆく/鶴岡征雄

羅蕙錫(ナ・へソク)/浦川登久恵

大正モダーンとデモクラシー/木村勝明

プロレタリア美術研究所/木村勝明

「アジアにめざめたら」展とサン・チャイルド撤去問題・・・/森下泰輔

書評:NGの駆逐のために必要なこと/武居利文

「織で表現する人」寺川真弓さん/山下二美子

アーティスト、達和子/宮田徹也

「萬鉄五郎記念美術館」と「縄文芸術館」/小野章男

多文化交流の旅/SYUTA(三友周太)

上海レポート/石川雷太

P3578アートプロジェクト/金田卓也

 アトリエ座談~渡辺皓司さん

「ハンセンヱホン」復刻版の反響/松山しんさく

橋本和明さんを偲ぶ/稲井田勇二

第9回コンフューズ展で/首藤教之

平岩允 回顧展

昭和のくらし博物館 画家吉井忠の部屋

韓・日美術交流会を終えて

原子力サブカルチャー7/村田訓吉

日本美術会の行事・九条美術展・他

新人紹介/編集後記